クロセチン 食べ物

クロセチンとは?効率の良い摂取方法は?【結論】

クロセチンは黄色の天然色素で、眼精疲労や睡眠の質向上に効果あり
クロセチンは食事でも摂れるが、必要量を摂るにはサプリで補うべし

 

 

この記事は

  • クロセチンについて詳しく知りたい
  • クロセチンは食べ物で摂れるのか知りたい
  • クロセチンを効率的に摂れる方法を知りたい

という人に向けた内容になっています。

 

近頃よく聞くようになってきた「クロセチン」という成分。

 

眼精疲労や睡眠の質向上に効果が期待できると言われているので、テレワークが急速に増えてきた昨今では、気になっている人も多いのではないでしょうか。

 

そこで、本記事ではクロセチンの効果や摂取方法について詳しく調べてみましたので、今からクロセチンのサプリを買ってみようと検討されているあなたの参考になれば嬉しいです。

 

クロセチンは、クチナシやサフランに含まれる黄色の天然色素ですので、食べ物で摂取することは可能です。

 

しかし、眼精疲労の軽減や、睡眠の質向上を実感するために必要な摂取量を、食べ物だけですべて補うのは、現実的にはなかなか難しいのではないでしょうか。

 

補助的にサプリを有効活用して、効率良く必要量のクロセチンを摂取しましょう。

 

\1日1粒で良質な睡眠を!/

クロセチンとは?

 

クロセチンは黄色の色素成分で、古くから健康に良いことは知られていました。

 

食べ物では、にんじんに含まれるβカロチンや、トマトに含まれるリコピンなどと同じカノテロイドの一種です。

 

カノテロイドとは?

動植物に広く存在する黄色または赤色の色素。大きくカロテン類とキサントフィル類に分けられ、強い抗酸化作用を持つ。
活性酸素の発生を抑え、取り除く作用を持っています。このため活性酸素の働きで作られる過酸化脂質が引き起こす動脈硬化を予防したり、老化やがんの発生に対しても効果があると考えられます。

(引用:厚生労働省e-ヘルスネット

 

クロセチンは、βカロチンやリコピンに比べると2/3程度の大きさしかなく、水でも油でも、どちらにもなじみやすい性質を持っているので、体に吸収されやすいという特徴があります。

 

βカロチンやリコピンは、食べてから体に吸収されるまで丸一日を要しますが、クロセチンは摂取してから約4時間で体に吸収されます。

 

クロセチンは即効性にすぐれた成分なんですね。

 

クロセチンの効果

クロセチンは主に5つの効果が期待されています。

 

  1. 眼精疲労の軽減
  2. 血流改善
  3. 肩こりの緩和
  4. 近視の進行を抑える
  5. 睡眠障害の改善

 

眼精疲労の軽減

目のピントを合わせる毛様体筋が緊張した状態が長く続くと、眼精疲労と呼ばれる状態になってしまいます。

 

クロセチンは分子量が小さいため、毛様体筋に直接働きかけることができ、目のコリをほぐし眼精疲労を軽減する効果があります。

 

血流改善

クロセチンは抗酸化力が強く、血流を改善する効果があります。

 

血流が悪くなると、疲労物質の蓄積や免疫力の低下など、さまざまな弊害が発生し、体の老化が進みます。

 

クロセチンの抗酸化作用はアンチエイジングに効果が期待できます。

 

肩こりの緩和

血流が改善されることで、筋肉の緊張がほぐされます。

 

とくに肩こりは目の疲れからくることも多く、眼精疲労に効果があるとされるクロセチンは、肩こりの緩和にも一定の効果が期待できます。

 

近視の進行を抑える

EGR1という近視進行をおさえる働きを持つ遺伝子があります。

 

クロセチンがEGR1を活性化するといわれており、近視の進行を抑制する効果が期待されています。

 

ほかにも、ブルーライトによる目へのダメージを軽減する効果も期待できます。

 

加齢やブルーライトによるダメージは黄斑変性症になる可能性もあり、クロセチンはこれらのような網膜障害を予防する可能性が示唆されています。

 

睡眠障害の改善
睡眠に軽度の問題を感じている健常な男性に対し、クロセチンを2週間摂取させたところ、クロセチン摂取後は中途覚醒回数が減少したことが明らかとなっています。また、自覚症状についての評価でも、クロセチン摂取前と、摂取後では、目覚めの爽快感が増すなどの自覚症状の改善が示されました。

(引用:わかさの秘密

 

研究結果により、クロセチンが睡眠の質を向上させる効果があると有意に認められています。

クロセチンを含む食べ物

 

冒頭でもお伝えしたとおりクロセチンは黄色の天然色素で、クチナシやサフランに含まれているので、食べ物で摂取することは可能です。

 

クロセチンを食べ物で摂るなら、たとえば下記のような食べ物があげられます。

 

  • 栗きんとん
  • パエリア
  • 中華麺
  • たくあん
  • サフランライス

 

身近な食べ物が多いですが、さすがに毎日食べ続けるのは無理がありそうです。

 

たくあんあたりなら毎日食卓に並べることができそうですが、塩分の摂りすぎなど別の弊害がありそうなので、ほどほどにしておきましょう。

 

毎日、1日のクロセチン必要量を食べ物だけで摂り続けるのは現実的に難しそうですね。

クロセチンはサプリで摂るのが効率的【まとめ】

 

食べ物だけでは十分なクロセチンを摂取するのは大変なので、サプリで補助するのが効率の良い方法です。

 

リケンのクロセチンなら、1粒で1日の摂取量7.5 mgのクロセチンが簡単に摂取できます。

 

(引用:理研ビタミン株式会社

 

1日7.5 mg、2週間の摂取で、疲労回復感や睡眠の質が向上したと実感できたという検証結果もあります。

 

テレワークが増えて、モニターを見る時間が増えたり、同じ姿勢で長時間座りっぱなしで、疲労感を感じている人が多くなってきました。

 

今の時代に必要不可欠ともいえるクロセチンを、サプリで効率よく摂取して、眼精疲労や睡眠の質向上を図りましょう。

 

\1日1粒で良質な睡眠を!/

 

参考:理研ビタミン株式会社

理研ビタミン健康成分ラボ

ロート製薬

わかさの秘密??

page top